Language
EVENT REPORTS

THETA公式オフ会2020レポート ~大阪編~

Posted date : 2020.02.19

213日(木)に東京と大阪でTHETA公式オフ会2020の同時開催をしました。東京レポートに続き大阪での当日の様子をレポートします。

1週間前からイベント当日は大雨の予報でとても心配しておりましたが、当日、スタッフが東京から大阪に移動して午後を迎えると、天気は天晴れ!まだ2月にも関わらず春らしい陽のぬくもりを感じ、素敵なオフ会になりそうな予感…!

イベント会場はカフェゆう大阪梅田店(https://yukobo.co.jp/cafeyu/)陶芸教室併設の緑に囲まれたアットホームなカフェです。大阪での開催は初めてということもあり、柔らかくぬくもりを感じる会場を準備いたしました。また、今回は企画の一環として、どこか懐かしさを感じるフィルムカメラを使って撮影しましたので、その写真と共にイベントの様子をお届けしたいと思います。

18時半のオープンからぞくぞくと多くの皆様にご来場いただいたきました。メールだけでやり取りさせて頂いていた皆様をリアルにお迎えできるこの時間は、イベント主催側としては感無量の瞬間です。


いよいよ、19時にイベントスタートです。
東京、大阪の2拠点同時開催ということで、乾杯はビデオ中継で東京会場と繋ぎ、東京会場にいるTHETA事業部Sales&Marketing部長 竹内より音頭をとらせて頂きました。

直線距離で400km先の東京の様子が映し出されると、大阪の会場の皆様にも笑みがこぼれます。
この日は大阪、東京会場合わせて90名のユーザー様にお集まり頂き、THETAオフ会史上最大規模のイベントとなりました。

 

\かんぱーい!/

喉が潤いましたら「社員KeyNoteTalk」と題し、昨年末に発売された新機種SC2の担当者より、SC2の裏話や開発秘話についてお話しさせていただきました。

・THETAデザイナーの河からは「THETAのデザインのこだわりについて」

河は今回のイベントのために準備した特別ノベルティ「THETA謹製和てぬぐい」のパターンデザインも担当。SC2デザインにこめたこだわりについてTHETAの原形の生みの親本人の口から直接みなさまにお伝えいたしました。

・SC2の全体の進行を管理するプロジェクトマネージャーの加賀からは「THETASC2の特徴と進化について」

ここでしか聞けない(!?)技術面にも突っ込んだ開発エピソードについてご説明いたしました。

直接、THETAのものづくりに携わった本人が、自分の言葉と肉声でユーザーの皆様に思いを伝える場は、なかなかございません。登壇した社員二人の目がこころなしか輝いているように思いました。
ユーザーの皆様も、興味深く聞いていただけましたら幸いです。

お待ちかねのご歓談タイムを前に、カフェの美味しそうな料理が準備されていきます。

今回は、初参加・初対面の方も多いと思い、ご歓談に際してグループセッションという名の30秒自己紹介タイムを設けさせていただきました。各グループに分かれてみなさまに自己紹介頂きます。

自己紹介の前には、あらためて皆様で乾杯から…!

カメラマンの私も、いくつかのグループにお邪魔させて頂きました。

自己紹介タイムが終わるとご歓談のお時間です。

ご歓談で初めての方との話題も一段落しましたころ、本日参加頂いたインスタグラマーUrarie(@urarie83)様によるトークセッションと、オフ会告知の際に募集させていただいた有志の方2名からのライトニングトークのお時間です。

インスタグラマーウラリエ様からは、ご自身のInstagramに投稿されている作品の撮影〜編集までの一連の流れについてご説明いただきました。ご説明頂いたのはコスモス畑を撮影した作品ですが、実は一部の花はアプリで切り出してスタンプとして配置していたり、効果的に文字を配置するなどの編集が施されています。普通の人はなかなか思いつかないウラリエ様ならではの視点での撮影、編集方法についてシェア頂きました。

続いて、2番手のToyo Fujita様からは、Z1の最新撮影事例からRAWで現像するメリットやエピソードをご紹介いただきました。Toyo様は、「そもそも現像という言葉を聞かなくなって久しい」「現像という言葉は難しいのでどんなことが起こるかイメージしずらい」という多くの方が疑問に思っている言葉の初歩から「デジタルでRAW現像にチャレンジすると通常の撮影では見えていなかったものが見えるようになる」と、RAWで撮影するメリットと楽しさについて実際の写真を交えてわかりやすくご解説いただきました。

結びの3番手のカヌーイストの小島正人様は、なんとカヌーパドルをお持ち込みでライトニングトークに登壇いただきました。
ご自身の自己紹介の後に「ところで、どこでカヌーパドル使うねん!」と鋭いセルフツッコミで会場の笑いをさらい、カヌーパドルを使ったプロフィール写真の撮り方についてご説明いただきました。

なんとこのお写真、公園にカヌーをおいてパドルを持って乗り込み、道行く人から怪訝な目をされつつ試行錯誤のうえ自撮りされたそうです。「THETAを撮るときは恥ずかしい思いをするかもしれないが、そこを乗り越えてTHETAで写真を撮ろう!」と強烈な説得力があり、THETAユーザーに多大なる勇気をもたらすプレゼンをいただきました。

カヌーパドルとTHETAと共にぱしゃり。

ユーザートークセッションが終わる頃には、
デザートも提供されご歓談のお時間を思い思いにお過ごしいただきます。
 

楽しかったお時間はあっという間に、お開きの時間が近づいて参りました。
改めてビデオ中継で東京会場と接続し、今度は大阪会場にいるTHETA事業部長の藤木からご挨拶をさせていただきます。

「東京のみなさ〜ん聞こえておりますか〜?」

藤木からは、イベントが無事に同時開催できたことへの安堵の気持ち、参加頂いた皆様への感謝の思い、今後もこのオフ会のような社員、ユーザーの皆様とが直接会ってコミュニケーションできる場を作って行きたいというお話をさせて頂きました。

藤木からの挨拶に続けて大じゃんけん大会です。
景品はCafeゆうご提供の陶芸体験ペアチケットです。

じゃんけーん、ぽん!

藤木が仕掛ける複雑なじゃんけん心理戦を勝ち抜いたのはこの御方!

イベントの結びとして、全員で集合写真を撮影。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

大変名残惜しいですが、お開きのお時間です。

ご来場頂きありがとうございました。
また皆様にお会いできることを楽しみにしております。(大原)

この記事を共有する