Language
EVENT REPORTS

THETAユーザー主催「春の札幌THETA撮影会」参加レポート

Posted date : 2022.05.26

2022年5月21日(土)、22日(日)の、ようやく暖かくなり始め、爽やかな新緑と大自然が広がりながらも都会の北海道札幌市で、360度カメラRICOH THETAのユーザーが10名集まり、THETAを使った撮影会が開催されました。

札幌在住の方だけではなく、東京、大阪、京都、宮城と各地にお住まいの方も遠路はるばる参加され、札幌は多くの方にとって魅力的な場所だと改めて感じました。

リコーの坂本も参加させていただきましたので、その様子をレポートいたします。

【撮影会のコース】

1日目:白い恋人パーク→大通り公園→すすきので懇親会

2日目:さっぽろテレビ塔→創世スクエア→時計台→JRタワー→創成川公園→狸小路商店街→札幌市資料館

 

1日目:5月21日(土曜日)は13時に「白い恋人パーク」中庭に集合。

オンラインイベントで話したことはあるものの、リアルで会うのは初めての方が多いので「初めまして」とご挨拶から始まりました。

全員の自己紹介が終わったところで撮影開始です!

白い恋人パークには入園料無料の英国風の中庭と、「白い恋人」などの製造ラインの見学や、チョコレートの歴史を知ることができる有料エリアがあります。

まずは、中庭でそれぞれが一脚や三脚などの小道具を出してTHETAスポットを探し、撮影します。撮影会主催者が事前にパークに問い合わせをして、一脚の長さ制限や撮影禁止区域、SNSへアップする際の諸注意など、撮影の注意事項を確認してくれていました。今回の参加者で「3mの一脚」を持っている方が数名いましたが、残念ながらそれは利用できないと言う事でした。

それでは、参加された皆さんが撮影した写真を交えながら、白い恋人パークで撮影した写真を一部ご紹介します。

Photo by Sakabe – Spherical Image – RICOH THETA

Photo by Sakabe – Spherical Image – RICOH THETA

ここもあそこもと中庭だけでも、相当の時間撮影していました。「そろそろ館内に入りましょう」と言う事で有料エリアの館内へ。

入館時に「白い恋人」がもらえます!

こんなところに「真実の口」が!

Spherical Image – RICOH THETA

床に特徴がある場所は決まってTHETAで撮影したくなります。THETAは床に置いて撮影しました。

Spherical Image – RICOH THETA

同じ場所で上から撮影すると、また雰囲気が変わりますね。

Photo by Sakabe – Spherical Image – RICOH THETA

気が付くとお絵描きボードに「THETA」が!!!

白い恋人パークでの撮影をひとしきり楽しみました。

本来の予定はここで終了でしたが、その日はお天気も良く、夕陽が見られるかも?と言う事で、オリンピック・シンボル等を目的に地下鉄に乗って大通公園へ移動。

2021年に開催されたオリンピック・マラソン競技のスタート地点とゴール地点を案内してもらいました。当時、札幌周辺は交通規制で仕事に行くのも大変だったと地元ならではのお話を伺いました。

Spherical Image – RICOH THETA

オリンピック・シンボルでは皆さん様々な角度から撮影をされていました。

  

 

ひとしきり撮影をし、本日はこれにて終了。その後、懇親会も開催され、北海道の炉端焼きを楽しみました。

 

2日目:5月22日(日曜日)は10時にさっぽろテレビ塔に集合。

まずは、札幌大通り公園のシンボル、テレビ塔を見学しました。3階の展望台まで上がると札幌の中心地をぐるっと一望できます。

エレベータの壁面が可愛くて。エレベーターは絶好のTHETAスポットです♪

続いては、創世スクエアです。ここは2018年にできた近代的な建物で、札幌市図書・情報館やアート作品が展示されカフェもあったり気軽に利用できるゆったりとした空間でした。

Photo by Sakabe – Spherical Image – RICOH THETA

続いては国指定重要文化財の札幌市時計台です。こちらはスマホ片手に撮影されている観光客が多くいらっしゃいました。

でもやはり、360度だとこの臨場感。撮影していると「それ何ですか?」と観光で来られていた方に話しかけられてTHETAの説明をしました(笑)。

Photo by Sakabe – Spherical Image – RICOH THETA

続いては、札幌駅にある高層のJRタワーです。

38階にある地上160メートルの展望台まで上がると、その眺望といったらまさに絶景でした。

Spherical Image – RICOH THETA

そして札幌の方が口を揃えてお話されていたのが、一風変わった男性用のトイレ。札幌を見渡せる開放的な空間に作られていて意外な見どころポイントでした。

この後は昼食をそれぞれで取り一旦休憩。

午後から向かったのは地元の方オススメの創成川公園。観光客も少なく、すずらんやライラックが咲いていて、まさにTHETA映えスポットです。

Photo by Sakabe – Spherical Image – RICOH THETA

ここでも皆さん、水面ギリギリで撮影したり、橋の上から撮影したり、ポーズをとったりと楽しんでいました。

 

この後は、狸小路商店街を通って、一休憩し、最後の目的地である札幌市資料館へ。

札幌市資料館は、元々札幌控訴院として建てられたそうです。札幌軟石という貴重な石で作られており、重厚感のある建物でした。

Photo by ikeda – Spherical Image – RICOH THETA

控訴院時代の法廷を復元した「刑事法廷展示室」

Photo by Sakabe – Spherical Image – RICOH THETA

2日に渡る撮影会はこれにて終了です。

THETAというご縁で集まった方々との撮影会は本当に楽しく、そして様々な撮影方法を見ることができ、とても勉強になりました。

撮影会を主催いただいた、じゅんこさん、そして、ナビゲートしていただいた札幌の方々、ありがとうございました&お疲れ様でした!

全国各地でこのような撮影会があったらなぁと、夢を膨らませております♪

皆さんとまたお会いできる日を楽しみにしています!(坂本)

 

*2022年4月から改定になったアンバサダープログラム「THETA撮影会」開催では、アンバサダーポイントを30ポイント「報告フォームの提出(30ポイント)」+「参加者数(人数×2ポイント)」獲得できます。

アンバサダープログラムについて詳しくはこちら

この記事を共有する