Language
PLUG-IN

Person Detection & Counting

Person Detection & Countingプラグインは、360°画像に写りこんだ人数を検知し、
異なるWebサービス同士を連携させるサービス IFTTT*を経由して、TwitterやGoogleスプレッドシートなどに自動的に人数情報を投稿・記録することができます。投稿や記録は1度だけでなく、設定をした時間間隔ごとに行われるので、
定期的な人数情報の発信や記録が可能です。

THETAの情報をアウトプットするWebサービスは、IFTTTで指定ができるので、

カフェなどの飲食店で、1時間ごとの人数をTwitterアカウントに投稿して混雑具合をお知らせしたり

イベントなどの人数を時系列で記録したり

ご自分の用途にあわせてカスタイマイズにできます。

人数検知はTHETAで撮影した写真で行いますが、人数を検知したのちに画像を消去するので、継続的に使用しても、内蔵メモリ量が圧迫されることはありません。

*IFTTTはTwitter、Facebook、Google ドライブといった異なるサービスを連携させるWebサービスです。それぞれのサービスへの投稿制限はIFTTTに準じます。

*THETAをクライアントモードで使用する必要があります。
*連続稼働時間は8時間以内を推奨します。

 

インストールはこちら
使い方の詳細はこちら

クライアントモード設定方法

この記事を共有する

THETAについて詳しくみる