Language
THETA Tips

応用 撮影者が映り込まない撮影方法(V/Z1)

THETA V/Z1は、プラグインという拡張機能の中の「Time Shift Shooting」という機能をインストールすることで、簡単に撮影者を映り込まずに撮影することが可能です。

1.「Time Shift Shooting」プラグインをTHETAにインストールし、インストールした「Time Shift Shooting」をPCかスマホのTHETAアプリで選択する。→詳細はTIPS「その他:プラグインで機能拡張」を参照。

2. THETAの電源をON。シャッターボタンの上のランプが青く点灯する。

3.THETAの側面の「Mode」ボタンを長押しして、プラグインを起動。

※Z1のプラグイン起動方法はこちらをご参照ください。

4. プラグイン拡張機能がONすると、シャッターボタンの上のランプが白く点灯する。

5. シャッターボタンを押すと、緑ランプが点灯し緑ランプが点灯し、セルフタイマー機能でそれぞれのレンズの撮影が開始。

※デフォルトは5秒セルフタイマー設定です。スマホでのプラグイン設定で、2秒、10秒に変更することも可能です。→詳細はTIPS「その他:プラグインで機能拡張」を参照。

6. 最初に、シャッターボタンの反対側のレンズで撮影が開始。撮影者は、撮影側のレンズに映り込まないよう、「シャッターボタン側」に移動する。

7. 続いてタイマーで設定した秒数後(デフォルトでは5秒)に反対側のレンズでの撮影が自動的に開始する。撮影者は「シャッターボタンと反対側」に移動。

8. 完成!撮影者が映らない撮影が完了。スマホに転送した画像で確認する。

注:
・通常モードに切り替える際は、Modeボタンを再度長押ししてプラグインを終了します。

・スマホにWifi接続して画像転送する際は、上記の方法でプラグインを終了し、通常撮影モードに戻してください。

・Time Shift Shooting時のセルフタイマーの長さや、詳細撮影設定は、スマホのプラグイン起動画面の詳細設定から変更できます。
→詳細はTIPS「その他:プラグインで機能拡張」を参照。

この記事を共有する

THETAについて詳しくみる