Language
THETA Tips

基礎 食事と人を上手に撮影・編集する方法

簡単に!食事の様子を撮影する方法をご紹介します。

上の写真のように、大人数で食事を囲んでいる様子を撮影するのって手間がかかるし難しいですよね。
スマホで自撮りしようとすると見切れてしまったり、ご飯や表情がうまく映らなかったり。

THETAで撮影する手順

1.THETAをセルフタイマーモードに設定し、一脚に装着します。

(リモートシャッターではなくセルフタイマーに設定しておくことで、スマホ画面を確認する必要がなく、かつ両手が空くのでポーズの自由度が上がります。)

*各機種のセルフタイマーモードの設定方法は、こちら

THETAをテーブルの真ん中に配置し、シャッターボタンを押してポーズするだけ!
セルフタイマーがデフォルト設定であれば、5秒後に撮影されます。

ポイント:THETAの周りにご飯をできるだけ寄せましょう。
また、口を開けたり、フォークをもってポージングするとさらに躍動感のある写真に仕上がります。

完成イメージはこちら

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

撮影した360度画像を編集する方法

1.THETA+アプリを開き、撮影した写真を選択します。

2.リトルプラネットビューを選択し、天井が中心に来るように回転させます。

3.好きなサイズにクロップし、右上のチェックボタンを選択して保存・共有します。

ごはんをフレームにした楽しい思い出写真が完成!

その日の食事と自分たちを、簡単に1枚の写真におさめておくことができますね。

この記事を共有する

THETAについて詳しくみる