Language
  1. TOP
  2. THETA TIPS
  3. 撮影時のTHETAの向き

基礎 撮影時のTHETAの向き

THETAには表と裏があり、中心となる被写体があるときはシャッターボタンのない”表面”を向けて撮影するのをおすすめします。

シャッターボタンのないほうが表面、あるほうが裏面です。
シャッターボタンのない表面を中心となる被写体に向けて撮影すると、閲覧時に、表面を向けて写した被写体がファーストビューで表示されます。

この記事を共有する

TIPS 一覧へ

あなたにぴったりの
THETAが見つかる、
充実のラインナップ

*

フラッグシップモデル

THETA Z1

1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー、新レンズ機構搭載で
約23MP/7K高精細360度画像を表現可能

4色から選べるスタンダードモデル

THETA SC2

選べる4色展開。手軽に360度撮影を楽しみたい方にオススメ。

公式商品サイトで詳細をチェック