Language
THETA Tips

応用 360度画像を回転させアニメーション動画にする方法

Instagramのような360度画像非対応のSNS*でも、画像をぐるっと見せて共有したいと思ったことはありませんか?ここではTHETA+アプリ(iOS/Android)のアニメーション機能を活用して、360度画像をぐるっと回すアニメーション動画の作り方を2パターンご紹介します。

1.初期設定されている動き(プリセット)から1つ選択して制作する方法

2.自分の見せたい角度やポイントを選択しながら、アニメーション動画を制作する方法

*360度画像に対応しているSNSは、FacebookとYouTube、LINEになります。

編集したい画像を選択します。

画像が表示されたら画面下部の丸ボタンを選択して編集を開始します。

1.初期設定されている動き(プリセット)から1つ選択して制作する方法

画面下部のアニメーションタブを選択し、赤い枠内の8つのプリセット(集合写真1・2、空、対面、食事、大自然、ビル、星空、花畑)の中から画像に適した動きを1つ選択すると、簡単にアニメーションの動作に編集することができます。

2.自分の見せたい角度やポイントを選択しながら、アニメーション動画を制作する方法

画面下部のアニメーションタブを選択し、表示されたメニューの「カスタム」を選択します。

「ミラーボール」・「リトルプラネット」・「ストレート」のうち、ビューをどれかを一つ選択します。

画像を回転・拡縮させながら、最初に見せたい画角を決め、右下の「+」(キャプチャーボタン)を選択します。

同様に画像を回転・拡縮させながら、次に見せる箇所を決め、「+」(キャプチャーボタン)を選択します。

ほかにも見せたい箇所があれば、同じ順序で繰り返し選択してください。

「→」マークを選択すると、視点と視点の間の動き(進行方向・スピード・イージング(回転の緩急)・停止時間)を調整することができます。設定後、右上の完了を選択します。

すべての視点と動きを設定後、右上の完了ボタンを選択してメインメニューに戻ります。

他の編集が完了したら、右上のチェックマークを選択してアニメーション書き出し・共有を完了します。

この記事を共有する