Language
THETA Tips

応用 スタンドや三脚を活用

THETAは平らな場所で自立しますが、自立させての撮影はおすすめしません。なぜならTHETAは重心が高いため倒れやすく、レンズに傷が付くなどの事故の恐れがあるからです。不用意な事故で後悔しないためにも、THETAを固定したいときにはスタンドや三脚を利用しましょう。スタンドや三脚があれば、スローシャッター撮影やHDR合成など、THETAの機能を余すことなく使うことができます。なお、スタンド、三脚使用時はリモート撮影かセルフタイマー撮影が必須となります。

暗い場所でもきれいに撮れる

夜景や照明の暗い室内でのスローシャッター撮影でもブレません。ISO優先モードでISO感度を下げる、オートモードでHDR合成を使うなど、撮り方も自在です。

人物が入っていない写真を撮れる

三脚でTHETAを固定して、セルフタイマーやリモート撮影をします。撮影者が隠れれば、人物を画面内に写さずに全天球画像を撮影できます。

この記事を共有する