Language

RICOH THETAのおすすめプラグイン3選!新しい機能を追加して楽しもう!

Posted date : 2020.09.10

皆さん、こんにちは!
RICOH THETAには「プラグイン」という便利な機能があるのをご存知でしょうか…?

●プラグインでTHETAに新しい機能を追加しよう!

プラグインは、スマホのアプリのようにTHETA Z1/Vにパッケージ化された機能を追加できるものです!(プラグイン機能はTHETA Z1/Vのみの対応です)

2020年9月現在、リコー純正プラグインが11個と世界中の企業/個人の方が開発したプラグインが38個あり、今後もどんどん追加されていく予定です。
>>RICOH THETA PlUG-IN STOREから自分の用途に合ったお気に入りのプラグインをインストールして、もっと自分ごのみの便利で使いやすいRICOH THETAを上げてみませんか…?

●おすすめプラグイン3選

この記事では、数あるプラグインの中からゼッタイおすすめ!まずはここから試してほしい3つのプラグインについて紹介します。

【その1】指の写り込みも隠せる!「Underside Cover」

Underside Coverは、360°画像に写りこんでいるカメラ真下の三脚や手などを、写真撮影時にカメラ内で自動的に設定した画像で覆うプラグインです。
このプラグインを使えばTHETAで気になりがちな指や三脚の写り込みをお手軽に隠すことができます!また、いままではアプリや画像編集で追加していたロゴやテキストなどの情報も撮影時に挿入できるので、THETAをビジネス用途に利用いただいている方にもぴったりのプラグインです!

挿入する画像はTHETA Logo、 スマーフォンに保存された画像、好きな文字から選択が可能です。
一度設定した画像は、THETA内に保存されているので本体だけで撮影するときは、前回設定時の画像が挿入されます。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

>>プラグイン詳細ページ
>>インストールページ

【その2】時間差で撮影者が写り込まない! 「Time Shift Shooting」

Time Shift Shootingは、THETAの2つのレンズを片方ずつ時間をずらしてシャッターを切るプラグインです。
それぞれのレンズで2秒、5秒もしくは10秒の時差設定ができます。

このプラグインを使い、時差の間に撮影していないレンズ側に移動すれば、撮影者が写りこむことなく撮影ができてしまいます!
素敵な風景や建物の中で、自分が写りたくないけど隠れるのが難しいシチュエーションの撮影にとっても便利です。


関連記事:360°カメラなのに撮影者が映らない!?THETA で簡単に自分が映り込まず撮影する方法!

>>プラグイン詳細ページ
>>インストールページ
>>使い方

【その3】セルフタイマー撮影をもっと気軽に! 「Self-timer Locked」

THETA Vでセルフタイマー撮影には、①無線ボタンを押しながら本体を起動 ②THETAのスマホアプリに接続して設定 の2つの方法があります。(詳細

Self-timer Lockedのプラグインを入れておくと、電源を入れ直したりWifiを繋いでスマホアプリで操作せずに本体のモードボタンの長押しのみでセルフタイマー機能の呼び出しができます!

セルフタイマー撮影と通常撮影の切り替えを頻繁におこなうときや、スマートに集合写真を撮りたいときにとても便利なプラグインです。
また、水中ハウジングケース(TW-1)を使用した状態でも、セルフタイマーモードに切り替えることができるようになります。

>>プラグイン詳細ページ
>>インストールページ
>>使い方

●プラグインの使い方 とっても簡単3ステップ

プラグインを使うには、事前にTHETAをPCに接続して、プラグインをTHETAにインストールしておく必要があります。

難しそうに思えるかもしれませんが、プラグインのインストールはとってもカンタン、3ステップです!

【 STEP 1】製品付属のUSBケーブルを使い、RICOH THETAをPCに接続します。

【STEP 2】 RICOH THETA PlUG-IN STOREにアクセスし、インストールしたいプラグインの「ダウンロード」をクリックします。

※各種プラグインの対応機種はRICOH THETA PLUG-IN STOREの各プラグインページでご確認ください。

【STEP 3】

自動的にPC用基本アプリケーション「RICOH THETA」が起動するので、画面表示に従ってプラグインをインストールしてください。作業が完了するまで手を触れずにお待ちください。

プラグインのインストールにはPC用基本アプリケーション「RICOH THETA」(バージョン3.6.0以上)が必要です。ダウンロードはこちら

 

●プラグイン開発にチャレンジ!? 開発者コミュニティのご紹介

THETAにこんな機能があればいいのになぁ、と思ったあなた!
THETAプラグインの開発者向けのコミュニティが存在し、あなたもプラグインを開発して投稿することができます。

プラグイン開発にご興味のある方はこちらを御覧ください。
https://api.ricoh/products/theta-plugin/

 

この記事では、THETAのおすすめのプラグイン3つについてご紹介しました。
今日ご紹介した以外にもおもしろネタ系から便利系まで多種多様なプラグインが公開されています。お気に入りのプラグインでTHETAを便利に楽しく使ってみてくださいね!

この記事を共有する

THETAについて詳しくみる