Language

360度カメラTHETAで巡る、北アルプス登山縦走!(後編)

Posted date : 2020.06.30

THETAユーザーのJunさんに、昨年夏の360度カメラのTHETAと巡った2泊3日の北アルプス周回~新穂高・黒部五郎岳・新薬師岳・雲ノ平・水晶岳・鷲羽岳・笠ヶ岳~のエピソードを伺いました。今回は後半編です!(前編はこちら)

後半編では、3日目の三俣山荘~笠ヶ岳の稜線歩きだけでなく、夏のスノーボードやレジャーのエピソードを、360度画像の景色と共にお話を伺いました!

笠ヶ岳までの稜線歩き

3日目のエピソードを教えて下さい。

3日目は早朝、三俣山荘をスタートしました。朝の4時スタートで、東の空は既に薄いオレンジ色。

三俣山荘から双六小屋に向かう途中の巻道ルートでは雲の合間からご来光を望むことができました。ご来光の景色の遠くには槍ヶ岳のシルエットが浮かんでいました。前日に越えた鷲羽岳も、まるで富士山のようにそびえています。

【THETAで撮影:巻道ルートからのご来光】

巻道ルートのからの景色は、朝日を浴びてとても素晴らしかったです。

巻道ルートとはどのようなルートなのでしょうか?

三俣山荘から双六小屋に向かうルートとしてはいくつかあるのですが、中でも最も短い距離で行くことができるのが巻道ルートです。

本当は三俣蓮華岳山頂からご来光見たいと思っていたのですが、ガスがかかっていたのでアップダウンの少ない最短ルートを選びました。結果的にはガスが晴れ人も少なく、貸し切り状態でご来光を望むことができました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

【THETAで撮影:双六小屋から弓折岳に向かう途中】

双六小屋を越えた後の稜線の遠くには、これから向かう笠ヶ岳のピークもそびえ立っていました。

弓折乗越から大ノマ岳の稜線歩きはとても気持ちよく、槍穂高を見ながらとても気持ちよく前に進むことができました。途中秩父平という場所の景色もとても素晴らしかったです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

【THETAで撮影:秩父平】

抜戸岳付近で槍穂がガスに包まれましたが、歩きながら振り返ると1日目、2日目と歩いてきた薬師岳や水晶岳がよく見えました。

この日のピークの笠ヶ岳では少しガスがかかっていましたが、3日間を通して、3日目のこの日は天気にも恵まれ、稜線歩きもとても気持ちがよかったです。

【THETAで撮影:笠ヶ岳ピークにて】

初めてのソロ、泊まりの3日間の山行でしたが、とても充実した3日間でした。

THETAの楽しみ方

登山以外では、プライベートでどのようにTHETAを活用されているのでしょうか?

雪山も好きなので、雪山でもTHETAを使うことがあります。雪山では、バックカントリースノーボードで滑りながらTHETAで撮影することもありました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

【THETAで撮影:雪山でのスノーボード】

バックカントリースノーボードとは、すごいですね!

山以外では、夏にレジャーするときにもTHETAをよく使います。下の画像は、以前琵琶湖で友人たちと遊んだときにTHETAで撮影したものです。

【THETAで撮影:琵琶湖にて】

春夏秋冬アクティブですね!普段から身体を動かすことを何かされているのでしょうか?

自宅が山の登山口の近くなので、出勤前の早朝に3時間くらいかけて山に登ることもあります。

・・・おどろきです!

【THETAで撮影:出勤前の登山で朝日を眺めながら】

THETAの仕事での活用

Junさんは、お仕事でもTHETAをお使い頂いているとのことですが、どのように活用しているのでしょうか?

私は、住宅メーカーで一級建築士としてリフォームアドバイザーの仕事をしてます。もともと仕事がきっかけで、360度カメラTHETAの存在を知りました。

リフォーム案件の家は、現状把握のために各部屋を写真で撮影する必要があります。以前は普通のカメラで各部屋を天井や床、周囲の壁、すべてをそれぞれ撮影していました。

現在はいつもTHETAを使っているのですが、THETAを使うとシャッターボタン1回で、各部屋の360度空間を撮り逃しなく「記録」に収めることができるので、とても便利です。

【THETAでリフォーム前の空間確認撮影の様子】

リフォーム案件はマンションなどもありますが、地域的に古民家も多く、住んでいる住居を次の世代へ受け継ぐために、住みやすくリフォームしたい、という相談もよくあります。

撮影した360度画像はどのように使用しているのでしょうか?

基本的には「空間の記録用」です。リフォーム前の現状把握だけでなく、工事中や、完成後も記録として撮影することがあります。撮影した画像は、状況説明の際のために、ipadのTHETAアプリでお客様に見せることもあります。

THETAシリーズで今後気になる機種はありますか?

仕事では最初THETA m15を使用し始め、現在はTHETA SCを会社で使っています。また、登山などプライベートでもTHETA SCを使っています。実は、使用環境がハードなため、自分自身のTHETAはこれで3台目なのです(笑)。今は、昨年発売になったばかりのより高画質な「THETA Z1」がとても気になっています。Z1で山の景色を撮影してみたいです。

仕事やプライベートでも、さまざまなシーンでTHETAを沢山ご活用頂きありがとうございます。

これからも、ぜひ色々なシーンでTHETAを活用してくださいね!(平川)

使用機種:THETA SC

Instagram: @junjunsurf

この記事を共有する