Language

お花もきれいに!THETA SC2で撮る360度のお花畑と自然

Posted date : 2020.03.09

山やお花畑など、自然の景色との相性がばっちりな360度カメラのTHETA。

今回は、THETA SC2で自然の景色を素敵にお撮り頂いているえりかさんに、THETAの楽しみ方についてお話を伺いました。

えりかさんが写真が好きなった背景を教えて下さい。

もともと旅行が好きだったので、旅の記録として写真をInstagramにアップするようになったのが始まりです。最初はスマホで撮影した写真が多かったのですが、よりきれいに思い出を残したいと思い、一眼やミラーレスで撮影するようになりました。

えりかさんは四季折々の自然のお写真がとても素敵ですが、好きな季節や場所はどこでしょうか?

桜が大好きなので、春の撮影が好きです。住んでいる京都は、桜が綺麗な場所が沢山あるので、桜の季節は京都の色々な場所で写真撮影をしています。

一番のお気に入りは東寺の夜桜です。ライトアップされた中での枝垂れ桜や五重塔の景色は圧巻ですよ。

お花畑とTHETA

えりかさんは、愛犬のあんこちゃんとのお写真も多いですが、撮影されるときに意識されている点などはありますか?

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

【THETAで撮影:あわじ花さじき公園】

あんこは8歳のチワワなのですが、とても小さいので、なるべく一緒に写真に写り込めるよう抱っこしたり、自分も同じ高さまでしゃがんだりするようにしています。

THETAは至近距離からでもとても広角に撮影できるのが特徴ですが、THETAから少し離れて撮影するとあんこが本当に豆粒くらいになってしまうので(笑)、なるべくTHETAに近づいて撮るようにしています。

【愛犬のあんこちゃん】

また、色が真黒い犬なので、なるべく薄い色や、青空をバックにして撮影するようにしています。

こちらのチューリップのお写真はとてもインパクトがありますが、どのように撮影されたのでしょうか?

【THETAで撮影】

滋賀県にある植物園で、冬に咲くアイスチューリップという小さいお花を撮影したものです。

実はとても小さい花壇に、チューリップが数十本植わっているだけだったのですが、これをTHETAでお花畑風に撮影するにはどうしたらいいかなと考え、チューリップの中に一脚を付けたTHETAをまっすぐに突っ込んで撮影してみました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

【THETAで撮影※上の画像の360度バージョン】

てっきりチューリップが植わっている中に、三脚を立てて撮影されたのかと思っていました!上の360度画像をよく見ると、花壇の陰に隠れているえりかさんが映っていますね(笑)。

上のチューリップの画像はInstagramでも投稿したのですが、DMでどうやって撮影したのか、何人かから質問されました。

THETAとお花畑との相性はどう思いましたか?

THETAは青空と被写体のコントラストがとてもきれいに撮影できます。普通のカメラで撮影すると、空も一部しか映すことはできませんが、THETAなら花畑と青空全体を360度で映すことができます。

空を撮ることも好きなので、お花も含めて青空も全部撮影することができることが、THETAの良いところだと思っています。

【THETAで撮影:滋賀県のなぎさ公園】

雪景色とTHETA

えりかさんはご旅行だけでなく登山も多くされていて、とてもアクティブですね。

もともと体を動かすことは好きで、自然の景色も好きだったのですが、3年ほど前に屋久島に行ったことをきっかけに、本格的に山や自然の景色に魅了されるようになりました。

愛犬のあんこちゃんも一緒に雪山には連れて行くのですか?

飛行機での移動以外は一緒におでかけしたり旅行に連れて行くことが多いのですが、あんこは寒がりなので、雪山に行くときはお留守番です(笑)

鳥取砂丘に雪景色を見に行った時は、あんこも一緒に連れて行きました。

【雪の中に1脚を立ててTHETAで撮影:鳥取砂丘】

鳥取砂丘にも雪が積もるのですね!

鳥取砂丘に雪が積もるというと驚く人も多いのですが、今年は2年ぶりに雪が積もったと聞き、雪景色の写真が撮りたくて友人と旅行に行きました。

【THETA SC2と一脚で撮影中:鳥取砂丘】

えりかさんは雪山にもよく登っていらっしゃるようですが、冬の登山の魅力は何でしょうか?

雪山の景色は、日常生活では見ることのできないような一面真っ白で異次元の美しさです。頑張って登った人しか見れないという景色、という特別感もあります。特に、青空と雪景色の色のコントラストがとても素晴らしいです。

【THETAで撮影:八ヶ岳の天狗岳】

雪山で見る、木々に付く霧氷の景色も大好きです。

霧氷は太陽が高くなると溶けてなくなってしまうものもあるのですが、下の画像は夜明け前から友人たちと登り始め、朝8時ごろのまだ霧氷が沢山残っているときに、ひとりで周囲を散策し、THETAで撮影したものです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

【THETAで撮影:八ヶ岳の北横岳】

THETAについて

THETAはどのようなきっかけで知りましたか?

写真は好きだったので、THETAは発売当初から気になっていました。空を撮ることも好きなので、お花など被写体と空がぐるっと一緒に撮れる構図が気になっていました。

【THETAで撮影】

普通のカメラと比べて撮り方で違うと感じた点はありますか?

THETAはファインダーを覗いて撮影する普通のカメラとは違うので、最初は撮りたいイメージと、撮った後のイメージが違うことが多々ありました。

でも何度か撮影を試す中で、THETAをどの角度で向けて撮ったらどう撮れるのか、感覚がつかめるようになりました。

【THETAで撮影:八ヶ岳の天狗岳】

撮った時の画角がすべての普通のカメラとは違い、撮影後にアプリ(THETA+)で好きな角度に編集できることも、THETAが楽しいところだと思います。

【THETAで撮影:登山仲間と】

山でTHETAをお使い頂き、いかがでしたか?

THETAは軽くて持ち運びしやすいので、登山にもぴったりでした。山に登る人は写真が好きで一眼を持っている人も多いのですが、荷物も多いので重いカメラはかさばります。

他のカメラだと寒くて取り出すことが億劫になるようなシーンでも、THETAは簡単に取り出して使うことができました。

【THETAで撮影:八ヶ岳の赤岳】

お使い頂いた、昨年12月に発売されたばかりのTHETA SC2について、感想を教えて下さい。

THETAシリーズで初めて使った機種ですが、とても使いやすかったです。特に、本体のセルフタイマーボタンが使いやすくて、一脚と合わせてよく活用していました。雪山では手袋も装着していますが、セルフタイマーボタンが押しにくいということもなかったです。

THETA SC2から、初めて3種類のプリセット(夜景・顔・車窓)が搭載されましたが、お試し頂きましたか?

最初にTHETAを使ったのが、京都の嵐山にある竹林のライトアップのイベントでした。このときは、プリセットのうちのひとつでもある夜景モードを使い、一脚を肩にかけてなるべく動かないよう固定して撮影しました。簡単に綺麗に撮れてびっくりしました!

【THETA SC2の夜景モードで撮影:嵐山】

えりかさん、ありがとうございました!ぜひ春の季節も、あんこちゃんと一緒にTHETA SC2で桜の景色を撮影してみてくださいね。(平川)

Instagram:@erika520anko

使用機種:THETA SC2

※本記事は、THETA SC2をモニターして頂いたえりかさんに、ご使用時のエピソードをインタビューさせて頂いた内容です。