Language

徹底解説 新機種RICOH THETA SC2に迫る!〜本体デザイン・ビジュアル編〜

Posted date : 2019.12.09

皆様、こんにちは。
12月13日(金)に発売を予定している「RICOH THETA SC2」について、写真多めに解説して見たいと思います。

こだわりのピンク、ブルー、ベージュ、ホワイト。 全4色展開

SC2はツヤ感のあるボディを採用しています。コンセプトとなっているのは女性のネイル。ネイルのような色味と光沢感は、THETAを持った際に自然と手になじみがよく、またファッションとの親和性を考え、日常的に使いたくなるカラーバリエーションとしております。

(写真上がSC、写真下がSC2)

側面、操作ボタンまで同系色のワントーンでまとめたことで、過去機種よりもメカメカしさやガジェット感が薄くなっていると思います。

 

SC2のカラーは、たくさんのユーザーさんへのヒアリングや社内での議論を積み重ねていく過程でこのカラーバリエーションになりました。

例えば、THETAを使うユーザーさんは普段持ち歩くバッグの中の色の統一感を大切にしたいはず。そんなときに鮮やかなピンク、ちょっとおちついたベージュがあれば、ご自身の持ち物や考え方に合う色味を選ぶことができる。

SC2のそれぞれの色にはユーザーさんのライフスタイルにマッチする色を選んでいただきたい、という思いが込められています。

ピンク

このピンクのSC2を持っているだけでお出かけ気分にしてくれる。そんなインパクトのある鮮やかなピンクです。ピンク好きの人のためのピンクです。

ブルー

非常にファッショナブルでおしゃれ、男性でも女性でも映える絶妙な色味をめざしました。

ベージュ

男性でも女性でも使っていただきやすい色です。
色味はベージュですが、薄いピンクのイメージでもご利用いただけます。

ホワイト

「白」とヒトコトに言っても、明暗度や質感などたくさんのバリエーションで白を表現できます。
SC2のホワイトは最近のスマホやガジェットやイヤホンなどのトレンドをしっかり意識した仕上げになっています。

SCのホワイトとは質感や色味がこれだけ異なります。

SCとSC2の色の違い

SC2と各色を比較してみました。外形の寸法は45.2×130.6×22.9でSCと同じ大きさです。 

パッと見でわかりやすいのが”ワントーン”デザイン。
SCはボディとサイドを塗り分けていますが、SC2は側面フレームや操作ボタンに至るまですべて前後カバーと同系色でまとめたワントーンです。

まるで雑貨のようなポップさと、よりTHETAのシンプルでアイコニックな造形がもつ力強さを感じていただけると思います。

表示OLEDパネル新搭載

ご要望が多かった情報表示OLEDパネルを本体前面に搭載したことで「電池残量」、現在の「撮影モード」、「スマホとの接続状況」などの情報をスムーズにご確認いただけるようになりました!

セルフタイマーボタンを搭載

セルフタイマーボタンをカメラ側面に新設定。

より簡単にセルフタイマー撮影が可能になりました!

 

今回は、〜本体 デザイン・ビジュアル編〜にてお届けしました。

次回は着実に進化した〜基本性能・スペック編〜です、お楽しみに!(大原)